脂質異常症

脂質異常症とは
脂質異常症
脂質異常症(高脂血症)とは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が過剰な状態、またはHDL(善玉)ロールが少ない状態のことです。特に動脈硬化と関連が深いのはLDLコレステロールです。
LDLコレステロールが過剰に存在すると、血管の内壁にコレステロールが沈着し、動脈硬化を生じます。この変化が心臓で生じると狭心症や心筋梗塞になり、脳で生じると脳梗塞になり突然死に至ることもあります。
ただし、コレステロールは人間の体を構成している細胞膜の構成成分であり、胆汁酸やステロイドホルモンの原料として重要な役割も果たしています。
脂質異常症(高脂血症)の原因
遺伝や加齢によって血液中のコレステロールや中性脂肪が高くなることがあります。
その一方で、脂質・糖質・アルコールの摂りすぎや運動不足などが原因の場合も少なくありません。
他に、甲状腺ホルモンの低下やネフローゼ症候群と言った腎臓の病気、若いうちからLDLコレステロールが高くなる家族性高コレステロール血症などが原因のことがあります。
また、女性の場合は更年期以降に女性ホルモンが減少するためにコレステロールが上昇することが少なくありません。
船橋市のコレステロール・中性脂肪の治療は、しもやま内科にお任せください。

脂質異常症

肥満が蔓延するこの世界。健康を害する人が増えている。

肥満が蔓延するこの世界。健康を害する人が増えている。 この3つの論文のシリーズは、肥満、その原因、および治療法に関する臨床研究および科学的研究における最近の動向と注目の話題を強調している。 最初の論文は、ゲノムワイドな関連研究および...
脂質異常症

カロリー制限食は、太りすぎの青年のPCSK9を減少させる

カロリー制限食は、太りすぎの青年のPCSK9を減少させる Calorically Restricted Diets Decrease PCSK9 in Overweight Adolescents NMCD 背景と目的 栄養療法...
脂質異常症

PCSK9阻害薬の適応

PCSK9阻害薬 PCSK9に結合し、血中のPCSK9が低比重リポタンパク(LDL)受容体(LDLR)と結合するのを阻害する。よって、LDLRの分解が抑制され、肝細胞表面でのLDLRの再利用を可能とする。PCSK9 のLDLRとの結合...